両親の写真

昨日は母の日でしたね。

昨年の連休明けに母は旅立ち、今日、11日が告別式でした。


一年が過ぎてしまったとは思えない。


長かった様でもあり、あっという間でもあり。



母が亡くなった時は涙も出なく、自分でも不思議だったけれど、あまり悲しいって気持ちにもならなかったような記憶があります。


何が何だかわからず、時間が過ぎていったようで。


時間が過ぎるごと、月日が過ぎるごとに、悲しく愛おしく、寂しくて涙が出る。


母たちが残してくれた物たちも、さほど欲しいものはなかったはずなのに、片付けるうちに、たくさんの思い出がよみがえり、あれもこれもそばに置いておきたくなってます。


心って不思議です。


親子って当然、意見の違いや価値観の違い、育った時代も違うから色んな摩擦があるけれど、今となればすべてひっくるめて本当に感謝でしかない。


たくさんの愛情を注いでもらって、大切に育ててもらったんだと、しみじみと実感します。



娘時代の母かな?着物の袖が短いけれど。

      202005-16.jpg



神社での結婚式みたいですね。

賽銭箱も写ってる。


     202005-15.jpg


私と一緒に、幼稚園くらいなのかな?
ちゃんと写真館で撮ってるようなポーズですが。

     202005-17.jpg


犬が大好きな母。いつも実家では家の中にも庭にも犬がいて。
母は出かけるよりも、犬と一緒が楽しかったみたい。


      202005-19.jpg


曾孫にも恵まれて。


     202005-18.jpg

全員女子、6人のひ孫に恵まれ、どの子も可愛くて、名前を覚えるのが大変で、写真の上に、名前を書くという・・・・

私が一番好きな写真です。

       202005-14.jpg




寂しいけれど、順番ね。



私も、ちゃんと前を向いて、コロナのこの時期、大変大変って思わずに、自分が出来ること、やりたい事、日々を楽しく過ごすこと、当たり前だけど、残りの時間を充実して過ごそう。


実家の片付けをしながら、人は自分が生きてきたように死んでいくみたい、そんな気がしてます。



プロフィール

harunire210

Author:harunire210
倉敷の自宅でお菓子教室とシュガークラフト教室を開いています。お教室のご予約、お問い合わせは下記メールフォームからお願いします。
Harunire Salon のご案内

以前のHPはコチラです。
ハル楡の木の下で

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールがエラーになる場合があります。
その時は非公開コメントでお名前とメールアドレスを入れてください。 こちらからご連絡させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Special Thanks
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
カウンター