伝統菓子

今日は美容院、スタッフさんとの話の中で、マックに行くことなくなっちゃったわ~って話してたんだけど。


帰り道、お昼もだいぶ過ぎておなかも空くし、ふっと立ち寄ったモスバーガー。

久々に食べる。


美味しかったけど、みじん切り玉葱やトマトソースが横からこぼれて、まあ何ともみっともない食べ方になった。

車に戻ると、スカーフにもこぼれていたことに気づき、ちょっと情けない気分に。

私が子供だったら、もうちょっと気を付けて食べなきゃ!って、言われてるところだろうなあ。。。。

ほんと、一人でよかったよ ( *´艸`)



そして整理中の写真の事。


昔のたどたどしいケーキの写真、愛おしく見るんだけれど、伝統菓子もちらほらと。

今となってとーっても気になってます。


1月6日、公現節の日に、切り分けて食べるお菓子で、中にフェーベが入っていて、それが当たった人は祝福を受け、冠をかぶり1年が幸福になるといわれてるお菓子、ガレットデロアです。

本当は平たく出来るものです!!

これちょっと失敗作なのですが、この当時はこれで上出来です。

家庭で作るお菓子は、っ上手下手よりも、家族友達みんなで楽しむものって言うことの方が大切で、出来不出来は二の次って事に。


    201911-15.jpg



その中に入れるフェーベも可愛いものがいっぱいあって、集めたりしていたものです。

大人数でこれをすると盛り上がるんですよね。



伝統のお菓子はキリスト教に関係するものが多くて、そのストーリーを聞くだけでも楽しいものです。



懐かしくて。


これも作ってみたいなあ~。。。。。




line23.gif


ハルニレサロンはしばらくお休みいたします。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

harunire210

Author:harunire210
倉敷の自宅でお菓子教室とシュガークラフト教室を開いています。お教室のご予約、お問い合わせは下記メールフォームからお願いします。
Harunire Salon のご案内

以前のHPはコチラです。
ハル楡の木の下で

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールがエラーになる場合があります。
その時は非公開コメントでお名前とメールアドレスを入れてください。 こちらからご連絡させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Special Thanks
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
カウンター