カトルカール

いつもならば、5月6月あたりは、バターケーキ類が失敗なく焼ける時期です。


バターを常温にするといっても、季節によって室温て変わりますから、バターの状態ももちろん変わるので一言で室温と言っても感じ方はそれぞれです。

でも、この時期は室温にしておくと、大体丁度良い柔らかさになるので、乳化しやすく作業がしやすいこの季節、一年でほんの少しだけど、私の好きな季節でもあります。



そんな季節なので、バターケーキの定番、カトルカール焼きました。

主人が好きなケーキの一つでもあるんだけれど、この頃夕飯後にちょこっと甘いものを食べる習慣になっててそれ用にと思い久々に焼いてみたわけですが、太らない様に・・・・って思いつつ・・・・・


      202005-20.jpg



私はムース系とかいいんじゃないかと思うけど、主人はあまり好きではない。



ケーキレッスンの定番中の定番メニューですよね。



グラスアローはレモン果汁を入れてさっぱりレモン風味に~。

      202005-22.jpg


一足先に、私ひとりでおやつ~♥♥


      202005-23.jpg




材料
・バター       100g
・グラニュー糖   100g
・薄力粉       100g
・卵          100g
・牛乳        大1
・BP          4g
・塩          ひとつまみ


作り方
1.材料はすべて常温にしておく。粉とBPは合わせてふるっておく。バターはすっと指が通る固さにし、型にバターを塗り粉をはたき冷蔵庫に入れる。
2.バターを柔らかくしグラニュー糖を入れ、よくすり混ぜ白っぽくなったら、ほぐした卵を数回に分けて入れる。卵を入れるたびに、よく混ぜる。
3.ふるった粉を2回に分けて混ぜ、牛乳を入れて混ぜる。
4.艶のある生地になったら、170度で約35分焼く。





岡山は非常事態宣言解除されましたが、もちろん元の状態には戻れずですね。


当分、コロナ共にの暮らしになるので、サロンも以前のようなスタイルではできないなぁ~と。


どんなふうにやって行けばよいのかと、考えちゃいます。



只今、新しい世界に移行中ですね~(*‘∀‘)


        202005-21.jpg



アフタヌーンティーには定番のスコーン


ハルニレサロン 4月のお知らせ

早々にご予約をいただき、本当に嬉しいです。
ありがとうございます!!

日時 : 4月14日(火曜日)・・・・満席
      4月16日(木曜日)・・・・残 1席
      4月18日(土曜日)・・・・残 2席

ハルニレサロン再開の詳しいお知らせはこちらをご覧ください。







アフタヌーンティーにはスコーンも必ずつきものと思ってるけれど、本場はどうなんでしょうね。


昨年末イギリスに行った友人は、憧れのアフタヌーンティーを食べたけれど、超現代的になっていて、3段トレイはなく、ケーキ大きくて球形だったと、食べきれなかったけれど、美味しかったのよ。とのことでした。


私は本場イギリスの伝統的なアフタヌーンティーは体験がないので、、伝統的にはどうとかはよくわかりません。

時代は変わっていくものなので、その時代に合った形のものになるんでしょうね。



先日テレビで見て初めて知ったのですが、スコーンは、クロテッドクリームとジャムを付けて食べるのが本場イギリスでは定番で、それもクリームを塗ってからジャムを塗るか、ジャムを塗ってからその上にクリームを付けるか、の二つのやり方があるそうで、それが地方で分かれているとかでした。


まるでミルクティーの時,クリームが先か紅茶が先かの議論があるように、そんな感じなのかしら。


そしてこんな風こだわりがあるってことは、スコーンがイギリスで大切にされている食べ物ということですね。



私は、どちらでも美味しいと思うのでこだわりがないけれど、クロテッドクリームがあるとなしでは大違い!!あれば美味しさは際立ちます。



孫たちが来ている時なども、スコーン焼いて、クリームとジャムを添えると、それだけで嬉しいようで思いのほか食べてくれたりしたものです。


      202003-12.jpg


ちょっとしたお持たせにも、便利だし、クリームは難しいけれど、お気に入りのジャムを添えてのプレゼントは朝食にもオヤツにもなって子供たちが小さい時には重宝したものです。



お菓子のレシピは世の中に山ほど出ていますから。


自分の好みのものを見つけられるとそれが一番です。



スコーンも今までにいくつかご紹介したのですが、4月は私が一番好きなレシピをご紹介しようと思ってます。

     


        202003-11.jpg




私がスコーンを作る時のこだわりポイントは、全部の材料を冷やす事。



なぜなら、そうすることによって私好みのものが出来るからです(*^▽^*)



      202003-16.jpg





お菓子作り少しずつ、楽しみましょう♥♥




アフタヌーンティー

ハルニレサロン 4月のお知らせ

早々にご予約をいただき、本当に嬉しいです。
ありがとうございます!!

日時 : 4月14日(火曜日)・・・・満席
      4月16日(木曜日)・・・・残 2席
      4月18日(土曜日)・・・・残 3席

ハルニレサロン再開の詳しいお知らせはこちらをご覧ください。




先日夢空間はしまやさんのアフタヌーンティーに行ってきました。

3月15日までが倉敷アフタヌーンティー期間で、お店によっては延長もあるそうですよ。


リノベーションされた米蔵が、落ち着いた温かみある雰囲気を醸し出し、ぼーっと一人ゆっくりするのにもいいですが、この日はワンニャン会仲間のアフタヌーンティー。


はしまやさんでのアフタヌーンティー、その雰囲気には憧れます。


何と言ってもこの三段トレイが素敵!!


      202003-15.jpg


堂々とした存在感このはしまやさんの雰囲気にぴったり。


私たちもテンション上がります。



そしてアフタヌーンティーは軽いお食事としてサンドウィッチが付いてたりするのですが、ここではお膳でサービスされたランチが付いていて、これってはしまやさんならではですね。



      202003-14.jpg




そしてっ実は4月のテーマがアフタヌーンティーなんですよね。


アフタヌーンティーと言えば、皆さま段トレイってことをイメージされますよね。

私もそうです。


華やかですし、これが本来のアフタヌーンティーって信じてるのですが、もともと客間や今の低いテーブルで始まった簡単な食事を兼ねたティータイムだったので、狭いテーブルだから、3段トレイを使うようになったそうです。

なんか、現実的な感じがして、「へぇ~っ」って落胆でもないけれど、ちょっと拍子抜けも否めない。



他にもアフタヌーンティーにまつわるいろいろな面白いお話あるので、ちょこっと検索して調べてみると面白いですよね。




おもてなしとかでテーブルどうしようって悩むとき、高低差を意識してセットするだけで、テーブルが華やかになりますから、3段トレイっていいアイテムですよね。


4月には私も3段トレイ使う予定にしています(*^▽^*)



       202003-13.jpg



どうしようかと考え中

昨夜は美観地区へ。


ライトアップされた大原美術館、迫力ありますね。

思わずパチリ!


    202002-31.jpg



そして気が付けば、2月半ば。


4月に向けてのどんな風に始めようかと。。。。。


試行錯誤中です。




昔のサロンの様子やケーキを見返してみてはああでもなくこうでもなくと頭の中はなかなかまとまりません。



私が子供のおやつ作りにと初めてケーキを作ってみた30年前と比べ、ケーキに関しての情報量も比べ物にならないくらいに増えて、SNSもあり、動画配信もあり、つくり方も直ぐ調べられ、ネットを調べれば材料も直ぐ購入できる時代になってます。


テレビにしてもネットにしてもワクワクと楽しい情報が流れていて、凄い時代になったものだと。


恵まれていい時代に暮らせて幸せだなあってしみじみと感じてます。



サロン再開に向けて、どうしたらいいかなあと考える時、最初に戻って、どうして教室をしようと思ったのかをもう一度ちゃんと確認しなくちゃ、新たな一歩が出そうになく。


そう、なかなかでないまま、ずるずると来てます。

このまま辞めてもいいかもって思った時期もあるけれど、やっぱりそれは出来ないんですよね。


というか辞めたくないのが本音。ならばどうして辞めたくないのかってことで、最初に戻ってサロンを始めた動機を思い出そうとなったわけ。



よくよく考えるとこのブログの題名「ハル楡の木の下で」ですが、

「ハル楡の木ってとっても大きな木だそうです。日本に自生する楡の木の一種で落葉広葉樹だそうですが私は実物を見たことがないのです。いつかは是非見てみたいと思ってます。
北欧の神話では楡の木から最初の女性が生まれたそうです。
大きな木の下でのんびりとしたひと時を過ごす事っていいですよね。

私は、大きな木のような存在になれたらいいなあって思っています。」


上記の事は2003年拙いながらもHPを始めた時に書いていた言葉です。


製菓学校に行ったわけでも修行したわけでもない私が、あちこち教室に通うようになってケーキが面白くてたまらなかったとき。ケーキをきっかけに、大きな木のような存在になれたらッて、ここでちょっとゆっくり過ごして、そして元気にそれぞれの場所に戻って行ってくれたらいいなあなんて思ったのが動機みたいです。

で、私が出来ることが家庭で楽しめてお菓子を作れることだったというわけで。


ちょっとしたポイントを押さえれば、家庭の手作りというレベルを超えたお菓子作りが出来るってことをお知らせしたかったって事。



もう、17年も前の事って唖然とします。


その当時に必死さを思い出します。



今はもうその必死さはどこに行ったのら?もっとゆったりと大らかにやりたいなあって。


これが歳を重ねてきた感覚というものでしょか?



ケーキつくりをお教えするのが第1ではなく、心地よい場所を作るというのが、私が一番望んでいることのようです。



それをベースにして考えていかなくちゃ。



以前のサロンの様子を見ていると、2月にはミモザのケーキを作っていたり。。。。

      202002-33.jpg




義姉が毎年お誕生日に贈ってくれるお花にはミモザが入っていることが多くて今年もそうでした。


      202002-32.jpg


義理の間柄で、ずっと仲良く出来ることは本当にありがたくてありがたくて。。。






うまく話はまとまらないけれど、4月に向けて考え中です(*^▽^*)






木いちごジャムの焼き菓子

リフォーム工事の順調に進んでいるらしくですが、ちょっとびっくりな状態。


         201911-14.jpg



こんなになってんだ~って感じ、驚きます!!






時間セレブ中(笑)の私はお休み中の時間を利用してPCに保存してある写真の整理をのんびりと。。。。。


2階での作業のためか、突然ネットが切れちゃうことがあり、「え~!!せっかくしたのに~(*゚Q゚*) 」 



なんてアクシデントもありですが、まあ、ぼちぼちです。


で、このPCに保存されてる一番古いものが2003年4月。


その4月のフォルダーにあったケーキの写真が当時好きだったケーキ「木いちごの焼き菓子」

     201911-13.jpg


ラズベリージャムとシナモンが効いたクッキー生地でスポンジと共に包んで焼くという、ちょっと行程が多くて、レッスンでは登場でさせることが難しかったもの。


デモレッスンでいつか・・・・と思いつつそのままに。


お休み中のサロンは今のところ、4月から再開する予定で考えてます。


今日フッとこの写真を見つけて、これが出来たら、いいなぁ~。


そんな風に思ったこのケーキ、ラズべりージャムの甘酸っぱさとシナモンクッキーがとってもマッチして好きだった。



行程が多くても平気で作っていたあの頃が懐かしい。。。。。。。。



line23.gif


ハルニレサロンはしばらくお休みいたします。



プロフィール

harunire210

Author:harunire210
倉敷の自宅でお菓子教室とシュガークラフト教室を開いています。お教室のご予約、お問い合わせは下記メールフォームからお願いします。
Harunire Salon のご案内

以前のHPはコチラです。
ハル楡の木の下で

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールがエラーになる場合があります。
その時は非公開コメントでお名前とメールアドレスを入れてください。 こちらからご連絡させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Special Thanks
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
カウンター