ダッコワーズ

何でも久々に作るとうまくできないものです。


でも、食べたいから作ったダッコワーズ。

       202006-33.jpg



私はダッコワーズって言ってますが、ダクワーズとかダックワーズとかチラッと聞いただけではあやふやにしか耳に残らない私なので、そのあやふやさで今までやってきてます。



もともとフランスで大きく円形に焼いてセルクルの底に敷き、上にバタークリームやムースとかをセットして、組み立て系のケーキの底になっていたパーツ部分の焼き菓子で


それを日本では福岡にある16区のシェフが今の小判型に考案して日本でのダックワーズとなったというのは、有名な話でウイッキペディアにも書かれてます。

一度お土産にいただいたことがあって、とっても綺麗な小判型。


昔、小判型で習ったけれど、実は私、その小判型を購入するのは、何だか抵抗があって買わなかったです。


高いし、大きいしって事です。


でも、ダッコワーズはとっても好きだったこともあり、絞り袋で絞って作る今のスタイルが私のダッコワーズにしちゃいました。



もう10数年、それで美味しく頂いてますから、問題なし!!


珈琲のバタークリームを挟んでたまらない美味しさ、私好きですからね。



       202006-36.jpg


そしてここでもインスタントコーヒーがいい仕事してくれています。



ありがたいありがたい。



少々いびつでも良し!です。







グラノーラをつくる。

ちょこちょこオーブン使いつつ、材料の賞味期限も気になるので、久々にグラノーラを作ることに。


オートミールが200gくらい残ってて、賞味期限まであと少し。


蒸し暑くなるこの時期、やっぱり気になるから。

で、以前サロンでも紹介したからレシピあるはず。・・・・・と思って探したけど無い!


そう言えばレシピ整理の時にもみなかったなあ~。


消えてるというか、どっかに保存してしまっている行方不明のものがあるみたいで・・・・まあ、しょうがないけど。。。



で、今はとっても便利な時代ですから、ネット検索しました。


作ったのは[Kurasiru]のお家で簡単手作りグラノーラ。


       202006-29.jpg

ドライフルーツは無しで。


グラノーラはナッツ系のみが好みで、手作りだと好きな物がすきなだけ入れられるからいいですよね。



湿気の多いこの時期、冷めたら急いで密閉容器に入れました。


そして一眼でああだこうだといろいろ撮ってみる。


一人で楽しみつつ、、、う~~んと悩みつつ。。。

     
      202006-31.jpg

選んだのがこの一枚です。


スプーンが微妙かなあ~って思ってるけど、まあ、良い事にします。


自分の好きな写真が撮れればいいけれど、それが難しくって。


なかなかこれ!ッといったものが撮れないというか、わからないのである。



でも、私にとっては悩みながらも楽しい時間です。








ほんと、ありがたいです。






チョコレートゼリー

ちょっと肌寒い日が続いたけれど、今日は朝から気温がどんどん上がっていく感じがする。


お布団干したり、あれこれ片付けたり、明日はいろいろ荷物が来る日。


ちゃんとスペース開けとかなきゃと、頑張りました!!



が、何かがないと、なかなか重い腰が上がらなくなってる。。(;'∀')



そしてきっと冷たく甘いおやつ欲しくなるはずと思い作ってたチョコレートぜりー


ゼリーの食感とは違うけれど、ゼラチン使うからゼリーかな?



一応、泡立てた生クリームをスプーンですくって苺を乗せて、それなりに。


夕食後のデザートまで我慢することに。


      202005-28.jpg


本当は昼間の今‼と思うけど、色々諸事情あります。



飾った緑はワイルドストロベリーの葉っぱ、かわいいでしょう~。。


小さくてかわいいけれど、実は庭ではわさわさと大きく元気に成長してくれてる。


一度は枯れちゃったけど、いつだったかしら、庭で小さなワイルドストロベリーの葉っぱを見つけて、めっちゃ感激!!

それからこんなに大きくなりました。

        202005-30.jpg


ワイルドストロベリーは幸せ気分に浸れるくらい香りがとーっても良くって幸せ気分に浸れます。


ただお味はいまいちで、私の育て方にも問題ありかもだけど、そこがちょっと残念。


でも、バイtバチ切って、お家で香りも楽しめたらもう、それでいいかなあ=って。


自分が出来ることをそれなりにってことにしよう。



チョコレートゼリー

材料
・スウィートチョコレート    100g
・生クリーム           130g
・牛乳              180g
・ゼラチン             4g

作り方
1.板ゼラチンは冷水でふやかし、粉ゼラチンは3~5倍量の水でふやかす。
2.生クリームと牛乳を合わせて火に替え、沸騰直前まであっためる。
3.刻んだチョコレートに2、を少しずつ入れ、溶かしていき、よく混ぜる。
4.ふやかしたゼラチンを入れ、よく混ぜ、熱が取れたら容器に流し、冷蔵庫で固める。


       202005-29.jpg



抹茶のパウンド 米粉バージョン

気になる米粉に挑戦中です。


好みの分かれるところですが、主人は軽羹っぽい感じで美味しいとは言えないって言うのですが。


私は、まあ、ありかな?


ケーキというより和菓子風、もっと大納言いれればよかった。!


あたり前とは言え、小麦粉とは味、食感が違うので、この辺はそれぞれお好みで好き嫌いがわかれるかな?


嫌いは無いと思うけれど小麦粉派が多いかもね。


焼き時間は米粉の方が時間がかかりました。


材料
・米粉        90g
・抹茶パウダー  5g
・バター       90g
・卵         90g
・グラニュー糖   90g
・BP         小1/2

作り方
柔らかくしたバターにグラニュー糖を加えよくすり混ぜ、しっかりほぐした卵を数回に分けて入れる。(卵が温度が低いと気は少し温める)米粉と抹茶パウダーをあわせてふるったものを加え混ぜ、170度で45分程度焼く。


       202004-59.jpg


しっかりとした味の紅茶と一緒にいかがでしょうか?




そして今日のランチはレタスチャーハン。

外側らの固めの葉っぱで、創味シャンタンでわかめスープと共に。


      202004-57.jpg



米粉のパウンドケーキ

作ってみました、米粉を使ったパウンドケーキ。


なんとなく、米粉というと、和風っぽくって思ってしますので、たくさんもらったゆずで作っていたゆずジャムを入れてみると。


ちょっと甘め。


基本のパウンドの配合で小麦粉を米粉に替えてみただけですが、これはBP入れずに。


美味しいといえば美味しいけれど、後味に、片栗粉っぽい味がする気がして。


主人は気にならないって言ってますが・・・・人によると思う。



しっかり濃く淹れた紅茶と一緒に食べたいかな?


      202004-58.jpg


コロナ問題も長引きそうです。


人と会えないって言うのはやっぱり寂しい。


ちょっとランチに行こうって言えませんからね。


そんな人と会えないこれからのために、今「zoom「」というアプリが大活躍してて、私もそれにチャレンジです。


明日、zoomでオンラインレッスンのお試、受ける予定。


突然時代の流れってかわるのですね。


新しいものを取り言えれるには???が多くて大変だけど、みんなに教えてもらいながらチャレンジしなきゃ、自分の楽しみも随分と少なくなってしまいそうです。


新しい世界のドア、勇気をもって開けなくちゃ!!



        202004-60.jpg




キッチンがビオラに香りに包まれまて。。。。

思いのほか、香りは強いです。




プロフィール

harunire210

Author:harunire210
倉敷の自宅でお菓子教室とシュガークラフト教室を開いています。お教室のご予約、お問い合わせは下記メールフォームからお願いします。
Harunire Salon のご案内

以前のHPはコチラです。
ハル楡の木の下で

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールがエラーになる場合があります。
その時は非公開コメントでお名前とメールアドレスを入れてください。 こちらからご連絡させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Special Thanks
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
カウンター