スイスの伝統菓子

パソコンのネットがなぜか繋がりにくくて・・・・


ここ最近悪戦苦闘中なのです。。。。



で、先日からアップしたくてしょうがなかったのが、ツガーキルシュトルテのお話。

インスタには載せたのですが。


私の好きなグレーテルのかまどで、先週放映されたのが「ツガーキルシュトルテ」


      202104-15.jpg

サクランボのお酒キルシュワッサーをいっぱい使った可愛いピンク色だけど、大人のケーキです。



なんでそんなに嬉しかったかというと、スイスに旅行した時、なんとなんと!!本物のツガーキルシュトルテを食べることができたのです!!


        202104-16.jpg


習ったまま、ピンク色のケーキでした!!


嬉しくて、そして、皆さんに味わっていただきたくってそのあとすぐにサロンでのレッスンで登場させました!!



      202104-17.jpg


ちょっと手間がかかるけれど、美味しいケーキ。


アーモンドがたくさん入ったスポンジ生地とメレンゲ生地にキルシュワッサーがしっかり効いたバタークリームを塗っていくのです。



このケーキはチャップリンが大好きだったそうですよ。

スイスに住まわれていたんですね。

      202104-14.jpg



伝統菓子って日本のケーキ屋さんではほとんど見かけることがないから、作らなければ味わうことができないの。



話を聞くと、食べてみたくなりますものね。




番組では、このケーキにまつわるお話がいろいろ紹介され、そんなストーリーを聞くのが大好き!!

       202104-18.jpg



すぐ忘れちゃうのが情けないけれど。。。。。




人でも物でもすべての物には、それぞれのストーリーがありますね。


それを想像してみるだけでも、ちょっと楽しくなりますね(^_-)-☆



イースター

最近なぜかPCのネットが繋がりにくく、グーグルフォトを触っているとなぜか切れてしまう。


スマホは繋がってるんだけど、何故か、PCのネットが急に切れてそのまま…・・・


今日も若干不安ですが、切れちゃったらそれで良しとしよう。。。。。



昨日はイースター。


キリスト教圏ではとっても大切な日だそうですが、日本は柔軟になんでも受け入れる文化だから、ありがたい。


イースターは今では卵やウサギを使って子供たちの楽しいイベントの一つになりつつあり、かわいいイベントの日です。



友人の素敵なイースタータルトに刺激され、作った私のイースタータルト。

202104-11.jpg


卵のイメージで、かわいいタルトになりました。

202104-10.jpg


シュガーで卵を作り、フードカラーで絵を描いたけど、久々のシュガーっぽい事、難しかった~!!


可愛い絵が描けない情けなさ。。。。


まあ、しょうがない。

202104-9.jpg


いちいち気にしていたら楽しみませんから。







イースターはキリスト教の大切な行事なので、イースターの伝統菓子があるのね。


先週のグレーテルのかまどで放映していた「シムネルケーキ」


イギリスの伝統菓子だそうです。

フルーツいっぱいのケーキの上に、マジパン11個の球を乗せるんだけど、11個の球はキリストの弟子のユダを覗いた11人を表してるそう。


202104-12.jpg




そして私がその昔、今田美奈子教室で教えてもらったイースターのケーキも「シムネルケーキ」で、それは12個のマジパンを乗せました。



其の12個はオリンポスの12神を表しているそうです。

202104-13.jpg


おもしろ~い!!



ヨーロッパはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教などの宗教が大きく影響している文化の流れが伝統菓子を作り上げてます。


長い歴史の中で、時代によって文化も変わってもちろん食文化も変わっていくものですね。




そんな事思いながら、伝統菓子を作ったり、買ったり、話を聞いたりするのはとっても楽しい。




先日4月1日、エイプリルフールのお菓子もあって、フランスではポワッソンダブリンとかポワソンダブリルと呼ばれているパイのお菓子もあります。


魚の形をしていて、この魚はサバだそうです。

202104-8.jpg


この謂れは一杯あるようで、気になる方はネット検索してくださればたくさんのお話が出てました。


でも、この可愛さ、楽しいですよね。




そんな伝統菓子、美味しさいまいちのもあったり、とってもできそうになかったり、見た目いまいちとか、突っ込み所満載の物もあって、ほんと楽しむにはいい感じ。



いろんな文化背景も分かると面白かったりと。



お菓子作りには食べるだけでない楽しみもあるなあって気が付きました。



嬉しくなります。

我が家の庭も春爛漫。


いよいよチューリップも咲き始めました。

   

      202103-26.jpg


でもうちのチューリップ、実は植えっぱなしなのです。


数年前、ちゃんと肥料をあげたらつぼみがつくよ!!って教えてもらって、それ以来マグワンプを目が出始めた頃から何度かに分けてあげてます。



咲き終わったら枯れるまで葉っぱはそのまま放置するからちょっとみすぼらしくなるのだけど、其れの方が葉で光合成をするからいいのよ~ってことでそれを実行。



原種の小さいチューリップは何年もお花をつけたことがなかったけれど、それ肥料をあげるようになって以来、葉っぱも広がり(なんでいろんなところから葉っぱが出てくるのかはわからないけれど)今年は5本、花が付いたのでとっても嬉しいのです。



         202103-25.jpg




そしてビオラも元気だし。



        202103-24.jpg




何より、おととし、友人のお庭から一株分けてもらったすみれがこんなにたくさんになりました。



       202103-28.jpg


ありがとう!!


と~っても嬉しいです。



少しずつ、教えてもらいながら庭を育てて行けたらうれしいなあ~。



ブルーベリーの最初のお花が咲きました。


       202103-27.jpg

春のケーキ

今年はとっても早い桜の開花。


近くの熊野神社の桜も満開に近くて、今日の雨の影響、気になります。



桜の開花で一気に春。


ケーキも春を感じるものに~って思おうけれど、なかなかそんな風には行動できない。



日本では苺のショートケーキで春爛漫を感じるし。

苺のショートケーキは、あまりにもみんなが大好きで、一番よく知られているケーキと思うのです。



      202103-21.jpg


が、それは日本だけの事で、ケーキの本場、パリではフワフワのスポンジケーキはないんです。


粉が違うらしくまた、日本にあるデコ缶がそもそもフランスにはないらしい。


ふんわり食感は日本人独特の好みらしくて、あちらのスポンジは、しっかりとしたもので、バターケーキっぽい感じだそうで。



これは知り合いのパティシエさん情報です。


粉やバター、水も違うし、気候の違う、色々違うから、日本と同じ感じではないそうですが、今はあちらにはない日本の生クリームを塗ったケーキも市民権を得てきてるそうです。



日本人か思う苺のケーキ、ナンバーワンはイチゴのショートケーキ。



フランス人が思う苺のケーキはフレジェ。


     202103-22.jpg



アーモンドの生地の間に、バタークリームとカスタードを混ぜ合わせたクリームが挟んであるものです。


これって実はとっても美味しいです。




又作りたいなあって、写真を見たら恋しくなりました。




で、私が今作ってみたのは、友人からの猛プッシュでイースターのお菓子。


日本ではあまりなじみがないかもですが、キリスト教国では大切な行事。

イースターのシンボルが、卵やウサギ。


友人はシューを卵にイメージして、チョコレートタルトを作ってたけれど、それがとってもお洒落で私も真似っこしたけれど、いまいちな出来となりました。



シューが割れなかったら、其れらしく見えるのかなあ・・・・・・?



で、こんな感じでした。


     202103-23.jpg




とてもイースターのお菓子には見えませんよね(;^_^A。






のんびりムードのままで

3月もあとわずか。


なかなか重い腰が上がりませんが、それでも密やかにお菓子作りはちょこっとだけやってます。



で、とっても好評なプラリネロール作りました。



       202103-18.jpg



張り切って作ったものの、なんと生地の裏と表を間違えて巻いてしますという。。。。


なんで間違えるかな!!


と、一人でテンション下がったけど、まあ、そんな事もあるわ!と開き直る。


でも主人は気がつかず、お菓子って案外作った本人が思ってるほど、人は気が付かないって事ですね。



そして、春らしい雰囲気のお菓子も作ってみる。


       202103-16.jpg


わざわざ冷凍ラズベリーを買ってきてジャムも作るところから始めるという、妙なところでこだわる私です。

どうしてもこのお菓子を食べたい!!って思ったものだから。


      202103-17.jpg


全粒粉と胡桃の刻んだものを使ってザクザクとしたクッキー。


そうそう、お庭に出てピクニック気分を味わいながら食べたくなるようなクッキーです。


私はお部屋で食べましたが。




ミモザと大輪のラナンキュラスで気分は春爛漫。


     202103-19.jpg



そして庭のビオラも華やかです。


       202103-20.jpg


私も動き始めなくっちゃ!


そんな気分になれる季節となりました。


プロフィール

harunire210

Author:harunire210
倉敷の自宅でお菓子教室とシュガークラフト教室を開いています。お教室のご予約、お問い合わせは下記メールフォームからお願いします。
Harunire Salon のご案内

以前のHPはコチラです。
ハル楡の木の下で

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールがエラーになる場合があります。
その時は非公開コメントでお名前とメールアドレスを入れてください。 こちらからご連絡させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Special Thanks
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
カウンター